定期保険vs終身保険〜メリット・デメリットを考える〜

定期保険と聞いて、すぐ理解出来る方はかなり保険に詳しい人ではないでしょうか。保険にはたくさんの種類があって、良くわからないと言う方も多いと思います。

保険・保険に関連するおすすめサイト情報〜

定期保険とはどんなもの

そんな私もかなり昔、わけも判らず入ってしまった保険一杯ありました。後で後悔した保険もあったくらいです。そしてこの定期保険とは、名前が示すとおり一定期間のみその人、家族なりを保障する保険です。こんな例があります。50才から10年などの期間を定めて加入したとします。ここで50才まで生存していた場合は、支払った保険料はすべて掛け捨てとなってしまいます。生存しているなり、無事人生を送っている人が大変多いのでこの保険のことを「掛け捨ての生命保険」などとも言われるのです。
保険会社から見た場合、その期間中契約者が生存し無事でいてくれれば、保険料は全て保険会社の取り分となるのです。ですが、この保険の良い所はかけるお金、10年間支払うお金が普通の生命保険などから比べると、かなり安い・もしくは低い料金の設定になっているのです。しかし年齢が高くなる、つまり高齢者の方へは設定料金が高額になってくるのです。それは、死亡される確率がかなり上がり、保険会社もそのリスクの応じなければならないからなのです。

話題になっている保険について、このWEBサイトでチェックしてみてください